iOS10 発表!アップデート内容まとめ!

20160614

アップルが技術者向けに毎年開催している WWDC ですが、今年も WWDC 2016 が日本時間6月14日に開催されました。

今回のイベントの一番のトピックスは何と言っても iOS10 の発表でしょう。
新しいiOSの新機能がどんなものなのか見てみましょう。

・SiriKit

SiriのAPIがデベロッパーに解放されました。
今後はSiriを利用したアプリケーション作りが可能になるようです。
音声による通話発信や写真検索など、アプリに新しい機能を追加できるということ。
また、写真の検索や、配車の予約なども可能で、配車の手配はアップデートされたマップアプリでもサポートされています。

・iMessage Apps(Sticker Pack,iMessage App)

iMessageもデベロッパーに解放され、iMessage用アプリ(拡張?)を開発できるようになります。ユーザーも多いアプリなため、この解放は大きいのではないでしょうか。
スティッカーパック(LINEで言うスタンプ)を作ってユーザーがMessageで使えたり、iMessageの機能拡張を提供すれば自社アプリを利用するきっかけも増えますね!

・Maps+Map Extension

マップアプリも大きくアップデートされました。ユーザーの1日の予定を尋ね、行動を予測してくれます。
また、これもデベロッパーに解放されましたので、マップからレストラン(オンラインレストラン予約サービスOpenTable)の予約や(タクシー配車サービスのUberで)配車手続きも取れるようになるとのことです。

・CallKit(Phone+Apps)

CallKit フレームワークのVoIPアプリ(Skype/Lineなど)では、ロック画面に着信を表示できるようになるため、電話と変わらない動きになります!
電話アプリ自体にも便利な機能が追加され、発信者を識別してブロックする拡張機能もあり、迷惑電話など自動的に判断してロック画面に表示してくれるそうです。

・Speech Recognition

音声認識のAPIの追加があります。
リアルタイム音声にも録音された音声にも両方対応してテキストに書き起こしてくれるように!
日本語での精度が気になりますね。

今回、大きく開放されたSDKの数々で新たなビジネスチャンス、面白いアプリも現れるのではないかと期待できますね!
今後のアプリ開発の可能性がまた広がりましたね。

ソース:
https://developer.apple.com/imessage/
https://developer.apple.com/sirikit/
https://developer.apple.com/library/prerelease/content/releasenotes/General/WhatsNewIniOS/Articles/iOS10.html

アップストア 変更で開発者にどんな影響が?

20160609_2

米国時間6月8日、アップルが アプリサブスクリプション の収益分配率の変更などを発表しました。
昨年11月より App Store の担当になったフィル・シラーがThe Loopのインタビューで、詳細を語っています。

サブスクリプション

今までは サブスクリプション の売り上げの30%が手数料としてアップルに支払われていました。
その手数料が、アプリリリース2年目からは15%に引き下げられるそうです。
つまり、売り上げの85%がアプリ開発者に入ってくる!
これは嬉しいですね!
2年目も顧客に長く愛されサブスクリプションを継続されるアプリを開発できれば、大きな収益になります。
すでに1年以上顧客に利用されているサブスクリプションのアプリには85%の分配率が適応されるようです。
変更の導入は6月13日より開始されます。

審査期間

さらに、今まで5日かかる可能性もあったアプリ審査期間ですが、これも見直され、50%のアプリは24時間以内。90%のアプリが48時間以内で最終結果が出るようになりました。
この変更はすでに行われていて、アプリ審査がスムーズになっているということです。

アプリディスカバリー

加えてアプリ検索についての変更もあるようです。

・App Storeでの「おすすめ」のセクションでは、インストール済みのアプリが非表示になり、ストアのカテゴリタブ復活によって、ユーザーがアプリを簡単に閲覧しやすくします。

・下のスクリーンショットのように、上位の位置に「Ad」(広告)が表示されます。
デベロッパーにとってもトップランキングに入ればダウンロード数が増えるため、ブースト広告を利用する場合もありましたが、今回からはアップルが広告の提供をするために、今後のブースト広告モデルまでにも影響がでると思われます。

20160609

まとめると
・サブスクリプション の収益分配率の変更(2年目から)
・アプリ審査の短縮
・検索広告の導入
以上の大きな変更があります。
デベロッパーにとってこの新しい App Store のビジネスモデルがさらなる利益と効率化につながりアプリ開発が促進されそうですね。

 

ソース: http://www.loopinsight.com/2016/06/08/phil-schiller-apple-making-major-changes-to-the-app-store/

新しいAndroid携帯は・・・ロボット?!RoBoHoN とは?

シャープ https://robohon.com スクリーンショット RoBoHoN

シャープ https://robohon.com スクリーンショット RoBoHoN

質問したら回答や返事を返してくれるsiriも登場時には注目を集めたものですが、同じように質問したら回答や返事、またはメールの着信の連絡や読み上げまでやってくれるロボットが登場しました。

名前は「 RoBoHoN (ロボホン)」

身長約19.5cm、重さ約390gの小さなロボットです。OSはAndroid™ 5.0
シャープより5月26日発売。すでに販売され、今月7日まではロボホンと触れあえるカフェ「RoBoHoN CAFE(ロボホンカフェ)」なども期間限定でオープンしていました。

■通話・メール

Android携帯なので通話もできます。通話中は耳に当てやすいようにRoBoHoN  が体勢を変えてくれます。
ヒューマノイドなのでなんといっても人間のような姿とモーションが可愛らしい商品です。 RoBoHoN はダンスしたり届いたメールをジェスチャーつきで読み上げてくれます。

■カメラ
また、カメラマンのように写真撮影もしてくれます。パーティーモードと散策モードがあり、自動で撮ってくれたり、写真を撮るために名前を呼んでくれたりするそうです。

■プロジェクター搭載
RoBoHoN の頭部のおでこ部分についたプロジェクターで壁や床に画面を映し出すことが可能で、下の動画では散策モードで撮った映像を壁に映している様子が流れています。

■アプリ
アプリは普通のスマートフォンで使えるアプリではなく、 RoBoHoN 専用のアプリのみしかインストールできません。

もしかしたら、今後 RoBoHoN の需要が増えるとともにロボホン専用のアプリ開発も増えてくるかもしれませんね。

商品・サービスにプラスアプリのページでも、専用商品(今回は端末ですね。)にアプリをプラスすることでさらに新しいサービスや価値を創造していけるというお話をしましたが、今後さらにアプリの需要が高まりそうです。

 

ソース:
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/160414-a.html
https://robohon.com

販売促進! AR を活用しよう

a0006_001598

最近ではよく聞く様になってきましたね、AR(拡張現実)
カーナビでもよく見られる機能です。

これが側アプリやイベント専用アプリなどに非常に効果を発揮するのです。
自社の商品やサービスを売り込みたい広報担当の方は是非アプリ開発をする際にARの導入を検討してみるとよいでしょう。

ARの活用様々!
ARは現実世界に様々な情報を追加して表示できるものですから、携帯できるスマートフォンやアプリに導入するとその効果を発揮します。

①商品のオマケ感覚で。
例えば、商品に印刷されたアプリダウンロードのQRコードからアプリをダウンロードしてもらい、商品パッケージをアプリで映す事でARで商品説明やイメージキャラクターが動き出す、なんていうのも可能です。
イメージアップや宣伝にもなりますね。
雪印の「ゆきこたんAR」というアプリは、アプリをダウンロードして雪印コーヒー500ml(専用パッケージ)を映すと、3Dでキャラクターが表示されます。
キャラクターの可愛らしさもあり、それ目的で商品購入を考えた層もいるのではないでしょうか。販売促進に非常に効果的です。

②チラシや冊子、雑誌に動画情報をプラス
チラシや冊子、雑誌などの紙媒体は動きませんが、専用アプリをページにかざすと関連CMが再生されるとか、音声が流れるとか、より詳しい情報を表示する等といった事も可能です。
「詳しくはwebで」と誘導するよりもインパクトがあり、使い方によってはスタイリッシュに商品宣伝できちゃいますね。
化粧品の「O Boticario」がファッション誌「Vogue」にARを使った広告を載せて、ページの女性モデルの目元にiphoneを置くと、化粧の過程を見る事が出来る様になっています。

https://vimeo.com/29428749

③イベントやゲーム
何気ない場所もイベントやゲームの舞台にできます。例えば、肝試しのアトラクション内で一定の場所に専用アプリでカメラを向けると幽霊が映ったり、町中の企業看板を移すと看板の女優が商品アピールを始めたり。
フォルクスワーゲンはザ・ビートルの広告にARを用いて、広告看板にアプリを使って画面を向けるとザ・ビートルが飛び出すというユニークな宣伝をしました。

ARって認知度も低いしプロモーションに使っても効果は薄いんじゃないの?なんて心配はご無用です。上記に挙げた例の様にARを使う場面は増えています。

また、料金が高いイメージだったARは手頃な値段に収まるようになり、今はリスクフリー。今こそ試すチャンスです。
是非アプリ開発してARを販売促進に使ってみてはいかがでしょうか。

ソース:
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.meg.snow.android.yukikotan&hl=ja
https://itunes.apple.com/jp/app/id466034540?mt=8&ign-mpt=uo%3D4

チャット部品 をアプリに取り入れて集客力UP!

チャット部品

Facebookメッセンジャー LINE カカオトークと、メッセンジャーアプリを使っている人は多いと思います。
アプリの中で、最もユーザーが多く使用頻度も高いアプリのうちの一つがメッセンジャーアプリと言えますね。
総務省の情報通信白書平成27年版では、LINEの利用率は年代に寄って差が大きいものの、20代以下の利用が6割を超えるなどの普及をみせいるという調査結果が出ています。

スマートフォンの利用が増え、スマートフォン初心者のユーザーが比較的始めに手を出しやすいお手軽さも普及に一役買ってますね。

Mary Meeker:世界的なメッセージングアプリケーションの使用

Mary Meeker:世界的なメッセージングアプリケーションの使用

なんと、WhatsAppのアクティブユーザーは約800万人!世界的にも大規模なユーザー数がいるのがメッセンジャーアプリです。当然、インストール数も上がります。

また、下のグラフではチャット部品の有無が、アプリ継続率に非常に顕著に表れることを示しています。3ヶ月後の継続率はチャット機能があるアプリはそうでないアプリより33ptも継続率が高いです。

Source: Localytics

Source: Localytics

起動回数もメッセージ送信機能がついたアプリは強いのです、下のグラフはチャット部品有りのアプリと無いアプリの起動回数の比較ですが、やはりチャット部品を付けたアプリの方が起動回数が高いですね。

Source: Localytics

Source: Localytics

「メッセンジャーアプリなんてスマートフォンの既存アプリに入ってるじゃないか」と思うなかれ、気軽にメッセージを送れるのがユーザーに受けている一方で「UIの見やすさ」「使えるスタンプの可愛らしさ」「デザインがハイセンスかどうか」「気軽に写真のやり取りが出来るか」と様々な要因でサードパーティのメッセンジャーアプリは選ばれています。
アイデア次第で、御社の既存アプリに追加することでインストール数を増やす事も十分可能なのです。
また、アプリを持っていなくても、気軽にアプリを作って、 チャット部品 を付属する事も出来ます。

例えば、予定共有のカレンダーアプリなど、友人や恋人と飲み会やデートのやり取りをする為にわざわざ別のアプリを開くのはちょっとメンドウですね。そんなときにアプリにチャット部品をつけて、チャットが出来るようにすると、ユーザーの好感度はぐんっと高くなります。予定をシェアできても、その機能が十分生かされればアプリの全体的な価値も上がるでしょう。

フリマなどユーザー間でやりとりするようなショップアプリにチャット機能を付けて、商品のやり取りをしてもらえば「言った言わない」の記録をちゃんと残しておく事も可能です。

このように汎用性の高いチャット部品。ぜひ追加して、業績アップをはかってみましょう。
御社の商品やサービスに取り入れてみてはいかがでしょうか。

*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*
 弊社ではアプリ開発時にチャット部品を追加可能!お気軽にご相談ください。
 アプリ開発会社SOOMA:http://www.sooma.jp/
 お問い合わせ:03-5439-4711
*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

ソース:http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/index.html