ブーストメディア を使うアプリがリジェクト対象に!

N811_unadarerusarari-man500

ブーストメディア※ を使うアプリ開発者や経営者の方には痛いニュースかもしれません。
Appleがユーザーにインセンティブを与えるブーストメディアを使うアプリに対する取り締まりを強化しています。

ある開発者によれば、過去何度かアップデートが通っているアプリが今回リジェクトされてしまったということです。
理由はどうやら利用規約の項目2.25と3.10にあるらしいとのこと。その利用規約が以下になります。
スクリーンショット 2014-06-10 11.40.32
簡単に言うと…


2.25: 自分以外のアプリを表示・宣伝するアプリは拒否しちゃうよ!
3.10: 不適切な方法でApp Storeのランキングチャートを操作するような開発者はiOSデベロッパプログラムから削除しちゃうよ!
ということですね。

アプリ内でユーザーに「Twitter/FacebookなどのSNSに投稿したり、アプリレビューを付けてもらえばアイテムをプレゼントします!」とか「友達を紹介してダウンロードしてもらえれば特典が付与します!」などのインセンティブを与えてダウンロード数を上げようとするシステムがあったり、「このアプリ今セール中だから!ぜひダウンロードしてみてね!」と言ったように他のアプリを宣伝したりする機能がついてたりするとAppleさんにダメ出しされちゃうみたいです。

※ブーストメディア:アプリのダウンロード数が上がるようにユーザーにインセンティブを与えるメディアのことです。ここで言うインセンティブとは、ダウンロード数をのばしてもらうようにユーザーに与える報酬や刺激のことを言います。

ソース:
http://stackoverflow.com/questions/24054942/apple-rejections-that-make-no-sense
http://www.macrumors.com/2014/06/09/apple-cracking-down-on-incentivized-video-ads/