iOS10 発表!アップデート内容まとめ!

20160614

アップルが技術者向けに毎年開催している WWDC ですが、今年も WWDC 2016 が日本時間6月14日に開催されました。

今回のイベントの一番のトピックスは何と言っても iOS10 の発表でしょう。
新しいiOSの新機能がどんなものなのか見てみましょう。

・SiriKit

SiriのAPIがデベロッパーに解放されました。
今後はSiriを利用したアプリケーション作りが可能になるようです。
音声による通話発信や写真検索など、アプリに新しい機能を追加できるということ。
また、写真の検索や、配車の予約なども可能で、配車の手配はアップデートされたマップアプリでもサポートされています。

・iMessage Apps(Sticker Pack,iMessage App)

iMessageもデベロッパーに解放され、iMessage用アプリ(拡張?)を開発できるようになります。ユーザーも多いアプリなため、この解放は大きいのではないでしょうか。
スティッカーパック(LINEで言うスタンプ)を作ってユーザーがMessageで使えたり、iMessageの機能拡張を提供すれば自社アプリを利用するきっかけも増えますね!

・Maps+Map Extension

マップアプリも大きくアップデートされました。ユーザーの1日の予定を尋ね、行動を予測してくれます。
また、これもデベロッパーに解放されましたので、マップからレストラン(オンラインレストラン予約サービスOpenTable)の予約や(タクシー配車サービスのUberで)配車手続きも取れるようになるとのことです。

・CallKit(Phone+Apps)

CallKit フレームワークのVoIPアプリ(Skype/Lineなど)では、ロック画面に着信を表示できるようになるため、電話と変わらない動きになります!
電話アプリ自体にも便利な機能が追加され、発信者を識別してブロックする拡張機能もあり、迷惑電話など自動的に判断してロック画面に表示してくれるそうです。

・Speech Recognition

音声認識のAPIの追加があります。
リアルタイム音声にも録音された音声にも両方対応してテキストに書き起こしてくれるように!
日本語での精度が気になりますね。

今回、大きく開放されたSDKの数々で新たなビジネスチャンス、面白いアプリも現れるのではないかと期待できますね!
今後のアプリ開発の可能性がまた広がりましたね。

ソース:
https://developer.apple.com/imessage/
https://developer.apple.com/sirikit/
https://developer.apple.com/library/prerelease/content/releasenotes/General/WhatsNewIniOS/Articles/iOS10.html