スマホ の強みは外出時の利用!

20150213_2

Yahoo! JAPANが、全国の16歳以上の男女32,848人を対象に、マルチスクリーン環境におけるデバイスの利用実態を調査した結果が発表されていました。それによると

スマートフォン、タブレット、パソコンでそれぞれ平均利用時間が
スマートフォン:47分
タブレット:34分
パソコン:103分
となっていてパソコンが1番長い結果になっています、一見パソコンの方が利用されているようですが、しかし外出時の利用については
スマートフォン:48%
タブレット:25%
パソコン:24%
とスマートフォンが圧倒的です。持ち運びに便利な大きさが強みなのがスマートフォンですね。

20150213_1

スマートフォンアプリ開発をするなら外出時に使ってもらえるUIやデザイン、用途などを考えるとよいでしょう。
同じ調査で「スマートフォンならではの利用」に「暇つぶし」67%となっていて、ゲームアプリやSNSなどの利用が予想されます。ユーザーの外出時の暇つぶしに端末を利用して様々な情報を発信する事も効果的という事ですね。

またデバイスをほぼ毎日使っているユーザーの割合は、タブレットが49%、パソコンが82%、スマートフォンがダントツの93%でしので、毎日の外出時の暇つぶし時がチャンスになります。
スマートフォンアプリを上手に使って商品宣伝やサービス情報を提供し、効率よく業績アップを目指しましょう。

 

ソース:
http://pr.yahoo.co.jp/release/2015/02/09b/
http://docs.yahoo.co.jp