また一歩SFの世界に近づいた? Smart Cast

スクリーンショット 2015-06-03 11.42.11

よくSFアニメで見る3Dホログラムのような技術で表示されたキーボードを操作するシーンが、現実のものとなりそうです。

名前は Smart Cast

Smart Cast はプロジェクターが搭載されたスマートフォンで、この搭載されたプロジェクターで平らな場所にキーボードの映像を映し出し、キーボードにユーザーがタッチすると実際にタイピングできるのだそうです。

かっこいいですね。キーボードを持ち運ばなくてもいいとは。

キーボードを打つ時は両手が塞がっているのでスマートフォンは立てて置くためにスタンドがついています。

また、プロジェクターは方向が変えられるので、壁に向けて映像を映し出す事も可能だとか。

動画では、ピアノを弾いたりゲームをしたりする事も出来て、このプロジェクターで様々なことができるようです。

中国・北京で開催した“Lenovo Tech World”での展示品はまだ試作段階のコンセプトモデルですが、今後の商品化に期待ですね。

普及すれば、プロジェクターを使ったアプリ開発が進んで新しいアイデアが広がって行く事でしょう。

ソース:http://ascii.jp/elem/000/001/013/1013629/
http://www.pocket-lint.com/news/134040-lenovo-just-announced-a-phone-with-built-in-projection-keyboard-no-really

着るウェアラブル Project Jacquard

Google Project Jacquard

Google Project Jacquard

腕時計、メガネ、指輪、靴…と、最近様々な形態でウェアラブルが出てきましたが、今度は身につける…というよりは着ることが可能なウェアラブルということで大変気になります。 Project Jacquard

Jacquard はインターネット接続可能な織物ということです。

ジーンズパンツなどの製造・販売を行っているLEVI’Sが、このプロジェクトの最初のパートナーとしてGoogleと提携し、将来的に商品化に向けてプロジェクトは進んでいるようです。
このプロジェクトで開発された糸は導電性で、これによって織られた布はタッチやジェスチャーに反応するのだとか。
服をタッチするだけで接続された端末を操作する事が出来きるというのは面白いですね。

この糸や織物は、現在使われているような標準的な機械に対応しているということで、商品化におけるアクセシビリティは高いと思われます。

このウェアラブルが普及すれば、新しいサービスのアプリが出て来るかもしれませんね。実際に着る日が来るのか、楽しみです。

ソース:
https://www.google.com/atap/project-jacquard/
http://jp.techcrunch.com/2015/05/30/20150529levis-is-the-first-official-partner-for-google-ataps-jacquard-connected-fabric/
http://www.levistrauss.co.jp

充電時間こそ勝負 feeling

株式会社ファーストディグリー

株式会社ファーストディグリー

株式会社ファーストディグリーが1日、小型のサイネージ端末「feeling」を発表しました。
feelingには広告を表示するディスプレイとスマートフォンの充電機能がついていて、充電している間に
例えば設置している喫茶店などで、そのお店の宣伝画像や動画をfeelingの画面に流す事ができます。

ユーザーはお店を利用している間に、スマートフォンの充電をしながら、広告に目を留める機会が増えるということで、
広告主の顧客満足度を高める効果が期待できますね。

スマホの充電時間はそれこそユーザーのスマホを携帯しながらの行動範囲も限られるし、人によってはスマホから目を離してしまう時間なのですが、その時間を逆手に取って有益に繋げようと言う端末ですね。

スマホから目を離しても、スマホで情報を受け取る時代です。
今後こういった端末との連携アプリも出て来るかもしれません。そうなると、ますますアプリによる利益の向上が期待で来そうですね。

ソース:http://feeling.firstdeg.com

格安スマホ の普及からアプリ需要を考える

20150402_1

NTTレゾナントの「格安スマホの購入者の利用実態についてのアンケート調査」の結果があがっていました。

格安スマホを購入したスマホ利用者の傾向を見てましょう。

格安スマホ利用の66.7%が男性で、一番多い年齢層は40代、次いで30代でした。
男性の方が格安スマホを利用する傾向が強いようです。
ただし、30代に関しては女性の利用者の方が多いよう。

格安スマホ のデメリットである通信量の少なさも、普段使わない人なら気にならないものですし、端末自体そんなに使わない主婦(主夫)層には人気とみえ、職業別だと技術系会社員の次に主婦(主夫)の利用者が多いという結果が出ています。

20150402_3

また、ユーザーが「欲しいサービス」で最も多かった回答が「さらに料金をお得にするサービス」とのことで、格安スマホのユーザーはとにかく低料金でスマホを使うことを望んでいるようです。
主婦であれば貯蓄家の人や、お金にしっかりしたユーザーが多いのかもしれません。

格安スマホの普及と同時に、節約系、貯金系のアプリや、近所の安売り情報に特化した検索アプリ。株アプリ等の需要が伸びて行くかもしれませんね。

 

ソース:
http://pr.goo.ne.jp/goo/2015/11287/
https://www.nttr.co.jp

Xperia Z4 Tablet

sony Xperia Z4 Tablet

sony Xperia Z4 Tablet

xperiaもz4まできましたか。tabletですが、新しい端末情報が入ってきました。

Xperia Z4 Tablet

公開されている動画はキーボードでノートパソコンのように使ったりプールで大胆に水没させたり、春ごろから発売が予定されているとあってかなりアクティブな印象。

売りは、軽さと薄さ。6.1mmは世界最薄とのこと。
重量はWi-Fiモデルが389グラム。LTEモデルが393グラムでかなり軽量化してます。
防水・防じん機能もあいかわらず健在の模様で頼もしい。

ノイズキャンセル機能も魅力的です。周囲の音をカットし、騒がしい場所でも快適に音を聴く事ができます。流石sonyさんですね。

OSはLollipop
ディスプレイ:10インチ
約17時間駆動のバッテリー:は6000mAh

外に持ち運んでビジネスに生かすのにも十分なスペックですね。

発売の春が楽しみです。

ソース:http://www.sonymobile.com/global-en/products/tablets/xperia-z4-tablet/