10年前のあなたは何をしてたのか?

20150710_1

10年前のあなたは何をしていましたか?

おそらくテレビをみて、パソコンをいじってラジオを聞いて新聞、雑誌を読んでたでしょう。

今のあなたは?

おそらくテレビをみて(前より少なくなっていません?)、スマートフォンを弄って、パソコンを弄って、ラジオを聞いて、新聞を読んで、タブレットで遊んで、少し雑誌を読むでしょう。

そう、この10年の間に、スマートフォンが日常生活上での我々の行動(情報取得方法も)に大きく影響を与えたのです。虜になっちゃってね。

株式会社博報堂DYメディアパートナーズが メディア接触時間 についての調査結果を発表していましたので見てみましょう。

続きを読む

2015年第1四半期の アプリランキング

App Annie「2015年第1四半期 アプリ利用状況レポート:日本を含む5大市場で比較するアプリ利用状況」より

App Annie「2015年第1四半期 アプリ利用状況レポート:日本を含む5大市場で比較するアプリ利用状況」より

アプリの市場調査を行っている App Annie が、アプリの利用状況レポートを発表しました。

その内容によれば、日本で平均月間セッション数が最も高いAndroidスマートフォンSNSおよび通信アプリはLINE、2位はChrome Browser、3位はTwitterとなっていました。
また、カテゴリ別平均アプリ使用時間では、ゲームカテゴリに費やす時間は、米、英、独、日、韓の中では、日本が最も費やしていて、平均月間セッション数もダントツで多いというデータでした。次いで多いのが韓国です。

続きを読む

格安スマホ の普及からアプリ需要を考える

20150402_1

NTTレゾナントの「格安スマホの購入者の利用実態についてのアンケート調査」の結果があがっていました。

格安スマホを購入したスマホ利用者の傾向を見てましょう。

格安スマホ利用の66.7%が男性で、一番多い年齢層は40代、次いで30代でした。
男性の方が格安スマホを利用する傾向が強いようです。
ただし、30代に関しては女性の利用者の方が多いよう。

格安スマホ のデメリットである通信量の少なさも、普段使わない人なら気にならないものですし、端末自体そんなに使わない主婦(主夫)層には人気とみえ、職業別だと技術系会社員の次に主婦(主夫)の利用者が多いという結果が出ています。

20150402_3

また、ユーザーが「欲しいサービス」で最も多かった回答が「さらに料金をお得にするサービス」とのことで、格安スマホのユーザーはとにかく低料金でスマホを使うことを望んでいるようです。
主婦であれば貯蓄家の人や、お金にしっかりしたユーザーが多いのかもしれません。

格安スマホの普及と同時に、節約系、貯金系のアプリや、近所の安売り情報に特化した検索アプリ。株アプリ等の需要が伸びて行くかもしれませんね。

 

ソース:
http://pr.goo.ne.jp/goo/2015/11287/
https://www.nttr.co.jp

アプリの 販売促進 効果5割の例

20150326

自社の製品の宣伝は勿論業績アップが目的です。アプリ等ツールがその広報において効果を発揮する1例をご紹介しましょう。

GMOメディアが10代〜60代の女性889人を対象に「ファッションアプリに関する調査」を実施し、その結果が公開されていました。

調査対象の女性たちがファッションアプリ利用している理由について、最も多かった回答は「コーディネートの参考にするため」が75.5%でした。次いで「衣類購入の参考にするため」が44.1%でした。

ここで紹介されているのは「コーデスナップ」というファッションSNSアプリで、一般ユーザーが自分のコーディネートを投稿できるのですが、そういった一般ユーザーの様々なコーディネートを利用者のユーザーが参考にするようです。

また、「閲覧した衣類を実際に購入したことがあるか」というアンケートに対し「インターネット上で購入したことがある(直リンクor検索エンジン経由)」39.8%「実際の店舗で購入した事がある」22.9%「その他の方法で購入」1.8% と、アプリを閲覧した事による購入経験は合計してなんと48.1%。
アプリによって5割のユーザーに販促効果が現れています。

一見ユーザーの目的の大半が「コーディネートの参考にするため」といってもそれが販売促進に大きな効果を表している場合がありますね。
アプリによる販売促進効果は思った以上に高いようです。

 

ソース:
https://www.gmo.jp
https://www.gmo.jp/news/article/?id=4722

自宅でもスマートフォン? 動画視聴 の場合

20150220

以前「スマートフォンは他のデバイスに比べ外出時の利用が圧倒的に多い」というYahoo! JAPANの調査結果をご紹介しました。(→スマホ の強みは外出時の利用!
しかし、ここでは他のデバイスと比べた場合です。
実はスマートフォンは自宅での利用率が高い場合もある!と解るデータが、ヤフー株式会社、株式会社マクロミルのインターネットの動画視聴についての調査から出ていました。 続きを読む