アップストア 変更で開発者にどんな影響が?

20160609_2

米国時間6月8日、アップルが アプリサブスクリプション の収益分配率の変更などを発表しました。
昨年11月より App Store の担当になったフィル・シラーがThe Loopのインタビューで、詳細を語っています。

サブスクリプション

今までは サブスクリプション の売り上げの30%が手数料としてアップルに支払われていました。
その手数料が、アプリリリース2年目からは15%に引き下げられるそうです。
つまり、売り上げの85%がアプリ開発者に入ってくる!
これは嬉しいですね!
2年目も顧客に長く愛されサブスクリプションを継続されるアプリを開発できれば、大きな収益になります。
すでに1年以上顧客に利用されているサブスクリプションのアプリには85%の分配率が適応されるようです。
変更の導入は6月13日より開始されます。

審査期間

さらに、今まで5日かかる可能性もあったアプリ審査期間ですが、これも見直され、50%のアプリは24時間以内。90%のアプリが48時間以内で最終結果が出るようになりました。
この変更はすでに行われていて、アプリ審査がスムーズになっているということです。

アプリディスカバリー

加えてアプリ検索についての変更もあるようです。

・App Storeでの「おすすめ」のセクションでは、インストール済みのアプリが非表示になり、ストアのカテゴリタブ復活によって、ユーザーがアプリを簡単に閲覧しやすくします。

・下のスクリーンショットのように、上位の位置に「Ad」(広告)が表示されます。
デベロッパーにとってもトップランキングに入ればダウンロード数が増えるため、ブースト広告を利用する場合もありましたが、今回からはアップルが広告の提供をするために、今後のブースト広告モデルまでにも影響がでると思われます。

20160609

まとめると
・サブスクリプション の収益分配率の変更(2年目から)
・アプリ審査の短縮
・検索広告の導入
以上の大きな変更があります。
デベロッパーにとってこの新しい App Store のビジネスモデルがさらなる利益と効率化につながりアプリ開発が促進されそうですね。

 

ソース: http://www.loopinsight.com/2016/06/08/phil-schiller-apple-making-major-changes-to-the-app-store/

新しいAndroid携帯は・・・ロボット?!RoBoHoN とは?

シャープ https://robohon.com スクリーンショット RoBoHoN

シャープ https://robohon.com スクリーンショット RoBoHoN

質問したら回答や返事を返してくれるsiriも登場時には注目を集めたものですが、同じように質問したら回答や返事、またはメールの着信の連絡や読み上げまでやってくれるロボットが登場しました。

名前は「 RoBoHoN (ロボホン)」

身長約19.5cm、重さ約390gの小さなロボットです。OSはAndroid™ 5.0
シャープより5月26日発売。すでに販売され、今月7日まではロボホンと触れあえるカフェ「RoBoHoN CAFE(ロボホンカフェ)」なども期間限定でオープンしていました。

■通話・メール

Android携帯なので通話もできます。通話中は耳に当てやすいようにRoBoHoN  が体勢を変えてくれます。
ヒューマノイドなのでなんといっても人間のような姿とモーションが可愛らしい商品です。 RoBoHoN はダンスしたり届いたメールをジェスチャーつきで読み上げてくれます。

■カメラ
また、カメラマンのように写真撮影もしてくれます。パーティーモードと散策モードがあり、自動で撮ってくれたり、写真を撮るために名前を呼んでくれたりするそうです。

■プロジェクター搭載
RoBoHoN の頭部のおでこ部分についたプロジェクターで壁や床に画面を映し出すことが可能で、下の動画では散策モードで撮った映像を壁に映している様子が流れています。

■アプリ
アプリは普通のスマートフォンで使えるアプリではなく、 RoBoHoN 専用のアプリのみしかインストールできません。

もしかしたら、今後 RoBoHoN の需要が増えるとともにロボホン専用のアプリ開発も増えてくるかもしれませんね。

商品・サービスにプラスアプリのページでも、専用商品(今回は端末ですね。)にアプリをプラスすることでさらに新しいサービスや価値を創造していけるというお話をしましたが、今後さらにアプリの需要が高まりそうです。

 

ソース:
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/160414-a.html
https://robohon.com

スマホアプリで ロボット を操縦!

Wowwee タカラトミー - Hello!MiP

Wowwee タカラトミー – Hello!MiP

ロボット 産業が最近盛んになってきましたね。
softbankのpepper君をはじめ、HondaのASIMOくんや、今はもうサービスが終了してしまったペットロボットAIBOなど、ロボットという存在は私たちの中でかなり身近な物になってきました。
最近ではコミュニケーションロボットとして、CommU(コミュー)とSota(ソータ)、OriHime(オヒリメ)、RoBoHoN(ロボホン)など、小型で持ち運び出来る小さなロボットもたくさん出ています。
彼らは人間の声を認識したり、備え付けのボタンやディスプレイを操作する事でコミュニケーションをとる事が出来まが、カナダの玩具メーカー Wowwee が開発した Hello!MiP (ハローミップ) は専用アプリを使ってスマートフォンで操作する自律ロボットです。

MiP は20センチほどの小さなロボットで軽量。倒立振り子センサーでバランスをとり、物を持って走ることができます。
日本では、タカラトミーで発売中。おもちゃの感覚が強いロボットで気軽に生活に取り入れられそうです。
アプリも無料でインストールできます。

アプリで出来る事は、指でなぞってロボットをその通りに走らせたり、スマートフォンのライブラリ内の音楽でダンスさせたり、2対のロボットで対戦させたりと、様々な事ができるようです。これは子供だけでなく、子供の頃ロボットに憧れた大人も楽しめそうですね。

最近のロボットはスマホアプリで操作できちゃうんですね。スマートフォンがロボットの操縦桿になっていくのも近い未来かもしれません。
アプリの可能性、また広がりました。

 

ソース:
http://wowwee.com/mip/
http://www.takaratomy.co.jp/products/omnibot/hellomip/

アプリで体調管理 Polar Loop 2

ポラール・エレクトロ・ジャパン Polar Loop 2

ポラール・エレクトロ・ジャパン Polar Loop 2

スマートフォンと連動する商品が続々増えています。
今日ご紹介するのは、ポラール・エレクトロ・ジャパンのリストバンド型の活動量計「Polar Loop 2

シリコン製のシンプルなデザインはスポーティ。スポーツウェアと相性が良いですね。カラーはホワイトパウダーホワイトとソルベピンクの2色。女性的なカラーバリエーションでは有りますが、最近は男性もピンクを愛用している方も多いですね。
機能は、歩数、睡眠、消費カロリーの計測と記録を行い、総合的な活動記録が取れるというものです。
耐水性なので水泳の時にも装着可能。

この商品はスマートフォンアプリ Polar Flow で自分の運動量を確認する事が出来ます。
何処を走ったか、距離は何キロか、心拍数はどうか、目標まで後何%か、などを確認する事が出来、自己の体調管理するのに最適です。

iSOでは食品のデータベースに接続し、栄養摂取状況も記録できるんだとか。これは、ダイエットにもいいかも?
>スポーツマンやダイエッターの方には嬉しいアイテムですね。

Polar Flow

Polar Flow

価格は税別 15,280円

このようにスマートフォンのアプリを使って情報管理をすれば折角の商品もユーザーにより長く使ってもらえます。通知機能やアラートでユーザーの利用を促す事が出来るので、折角作っても売りっぱなし…ではなく、クリエイターとユーザーの双方にメリットが有ります。

 

ソース:http://www.polar.com/ja/products/get_active/fitness_crosstraining/polar_loop_2

 

防犯もスマホで安心!

Secual

Secual

クラウドファンディングサイト「Makuake」で防犯キット「Secual」(セキュアル)のプロジェクトが公開されています。

Secual は窓やドアに貼付けて設置するタイプの小型のセンサーです。このセンサーが振動を検知すると、ゲートウェイと専用アプリを入れたスマホに通知が行きます。
登録した相手に一斉に通知を送ってくれるのも心強いですね。例えば営業店舗に設置して以上を感知したら警備員や経営者に一斉に送信することも可能という事です。

この専用アプリでセンサーの操作を行います。
警戒モード画面をスライドする事で解除したり設定したりできるようです。また、いつ誰が設定して、誰が解除したのかの履歴も確認できます。

センサーもゲートウェイも大きさは片手で持てるぐらいの小ささで、ゲートウェイはコンセントに差し込み、センサーはシールで貼付けるお手軽さ。
デザインは非常にシンプルで、生活空間になじむようデザインされています。これならお店に設置してもお客や商品の邪魔にならずディスプレイの外観も損ねにくいですね。

アプリを使う事でセンサーのオンオフが簡易になり、間違ってセンサーを作動させるということも無くなりそうです。
履歴の管理も楽ですし、情報を瞬時にシェアできます。
防犯グッズにもアプリは非常に相性がいいんですね。

アプリで管理できる範囲はまだまだ広がりそうです。

 

 

ソース:
http://secual-inc.com
https://www.makuake.com/project/secual/