今後のスマホ 市場予想 を参考にアプリ開発しよう

IDC Japan の2018年までのモバイルデバイス市場予想

IDC Japan の2018年までのモバイルデバイス市場予想

アプリ開発するならiPhoneかAndroidか、スマホかタプブレットがいいのか、悩みどころです。
出来れば流行に合わせていきたいところ。 続きを読む

子供向けタブレットにも注目!

51yvKix-iPL._SL500_AA300_

メガハウス「 tapme 」

今年はタブレットの市場拡大が予想されると「2014年はタブレット」の記事で取り上げましたが、子供向けの本格的なタブレットも人気を呼んでいます。

子供に端末を持たせるのは心配…間違って変なサイトにアクセスしないか…間違って電話をかけてトラブルが起きたら?端末を持たせても監視してないとハラハラ…安くはない端末を壊されないかソワソワ…。そんなパパママの不安を解消しつつ一緒に使える優れもののタブレットがいくつか出ています。

続きを読む

2014年はタブレット

20140318_1

IDC Japan調べ「国内モバイルデバイス市場 2018年までの予測」より

IDC Japanの国内モバイルデバイス市場の2014年~2018年の予測によれば、2014年のスマートフォン市場では前年比1.0%減の3,002万台とのことです。
スマホの普及とともに落ち着いてくものと思われます。

一方タブレット市場は、前年比18.3%増の937万台。
拡大傾向のようですが2016年以降はスマートフォンと同様、既存ユーザーの買い替え需要中心となっていくので落ち着いてくるとの予想です。

zu01

日経BPコンサルティング調べ「携帯電話・スマートフォン“法人利用”実態調査2014」より

株式会社日経BPコンサルティングの調査によると、企業のモバイル端末利用は主にタブレット。2012年の調査と2013年の調査を見るとスマートフォン利用が減少しノートパソコンが増加するという結果になっています。
タブレット端末は50%超えをキープ。法人では人気です。

法人向けアプリケーションの場合タブレット利用を想定した開発をするとよいかもしれません。

今年はタブレットに注目ですね。
また、スマートフォンは一時的に減少傾向のようですがこの時期を過ぎると再び市場拡大していくようです。

ソース:
http://www.idcjapan.co.jp/Press/Current/20140318Apr.html
http://consult.nikkeibp.co.jp/consult/news/2013/1220hk/

Androidの追い上げ Xperia Z1 SOL23

photo

sony Xperia Z1 SOL23

iPhone5s/5cが発売されてから久しいです。
docomoから初めてでたiPhoneだということもあってかなり話題にもなり今でも人気の高い端末ですね。
調査会社カンター・ジャパンが2014年1月15日に発表した調査結果(2013年9~11月)によると、日本ではiPhoneが7割ものシェアを誇っているとのこと。

だがしかし!Android端末も負けていません。
Xperia Z1 SOL23 が5月2日に発表した携帯電話ランキングでは先週に続いて総合1位を守っているようです。
持ちやすい最新のiPhoneのサイズに比べてサイズが大きく携帯性の評価は高くないものの、その分画面が広くて見易い。約5.0インチのフルHDディスプレイと2,070万画素カメラ搭載。デザインは両面のガラスによって高級感が出ていますし、そしてバッテリーの持ちの良さが評価を上げているようです。

個人的に評価が高いのは「トリルミナス ディスプレイ for mobile」の搭載。
よりいっそう美しい映像表現を携帯する事が出来るようです。

Androidアプリの需要もまだまだ見込めそうですね。

ソース:
http://itnp.net/story/552
http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1405/02/news015.html